2018年6月14日 (木)

梅の実を収穫しました

今年も梅の実がたくさんなりました。

高校3年生の生物選択者、中学1年生、サッカー部など、多くの生徒が収穫しましたが、まだまだ実がついているということで、野外研究部も収穫しました。

Cimg5175

高いところは手を伸ばし、頑張って採りました。

Cimg5187

約7kgの実が収穫できました。

家に持ち帰って、ジュースやジャム、または成人したときまでにはよく熟成されていることを考えて梅酒にします。

2018年6月13日 (水)

藍染Tシャツを作りました

毎年、1年生を中心に藍染Tシャツを作っています。

このTシャツは、文化祭や体育大会などの学校行事で使います。

自由に絵を描いたり、ビー玉を使ったりと個性豊かに作っていきます。

Cimg5154

絵を描く場合はボンドを使います。

半分くらい乾いたら染め頃となります。

Cimg5165

藍の中にTシャツを入れていきます。

つけた後に空気に触れさせることによって色が定着していきます。

それを何回繰り返すかで色の具合も変化していきます。

Cimg5172

染めた後は水で洗います。

Cimg5159

藍染Tシャツの出来上がりです。

どのように染まるのかは、仕上げてみないとわかりません。

そこが藍染の面白いところであり、魅力でもあります。

Cimg5173

何枚もできました。

あとは乾かすだけです。

2018年6月 2日 (土)

体育大会のクラブ対抗リレー

体育大会のクラブ対抗リレーに出ました。

真面目に走るリレーでは、あまり良い成績は残せませんでしたが、クラブ紹介のリレーでは、野外研究部らしい行進ができました。

Cimg5007

Cimg5009 昆虫ネットや鍋、胴乱などを持ち、テントウムシやハチにも変装しました。

2018年5月30日 (水)

散歩をしました

今週末に体育大会が行われます。

その応援合戦の練習などで今週は人数も集まらず、十分な部活ができません。

よって少人数で散歩をしました。

Cimg4977 春の花が終わり、初夏の草が多くなってきました。

畑付近では、カモジグサやネズミムギなど単子葉類が勢力を増してきています。

Cimg4965

どうぶつ広場付近ではセイヨウグワの実が熟してきています。

最初は警戒していた生徒も、そのおいしさにびっくりしていました。

Cimg4985 中庭にあるオオシマザクラの実も熟しています。

今年の実は昨年よりも甘みが少ないですが、まずまずの味でした。

2018年5月21日 (月)

久々に畑仕事です

試験等があったためやや遅くなってしまいましたが、夏野菜を植えました。

畑はしばらくほったらかしになっていましたので草がぼうぼう。

畑がどこにあるのかわからないくらいになっていました。

昔、開拓を行った人々の苦労を体験するように、草取りから始まりくわを用いて耕していきました。

Cimg4194

体育大会の練習で活動人数も少なく開拓は大変でした。

Cimg4198

草を抜くと昨年の畑の土が見えてきました。

土の中からいろいろな生き物たちが「こんにちは」と出てきました。

Cimg4200

ミニトマト、キュウリ、ナス、ピーマンを植えました。

昨年は収穫前に大粒のひょうが降ってきて畑はほぼ全滅になりましたが、今年は順調に育ってくれるでしょうか。

2018年5月 2日 (水)

ところてんを作りました

昨年の春合宿で採集したテングサが、1年経って熟してきました。

そこで、そのテングサを使ってところてんを作ってみました。

Cimg4874

テングサをまず洗います。

ところてん作りを初めて見る生徒もいて、これから何が作られるのか興味津々としていました。

Cimg4880

30分ほど煮込んでいくと、トロトロ感が出てきます。

Cimg4881_2

テングサをこして煮汁だけにします。

Cimg4911

一晩冷蔵庫で冷やして固めて出来上がりです。

ナイフで切って、ところてん突きに入れます。

Cimg4919

ところてん突きを使ったことがある生徒も少ないようで、突き出されたところてんを見て歓声を上げていました。

Cimg4943

酢じょうゆよりも、きな粉と黒みつで食べるのが人気でした。

中にはところてん突きを使わずに、そのままのかたまりにかじりつく生徒もいました。

いつものことながら、食べることには真剣になります。

2018年4月29日 (日)

来年のひな祭りに向けて

中庭にあるオオシマザクラがおいしそうな葉をつけています。

この時期の葉は、やわらかくて桜もちの葉に最適です。

早速、採って塩漬けにしました。

Cimg4897

大きめでやわらかい葉を選んで採集しました。

Cimg4898

日なたと日かげでは葉の質や大きさが異なります。

中には木に登って採集した生徒も・・・スカートなのに・・・。

Cimg4907_2

採集した葉はまず水洗いします。

Cimg4914_2

次に水気をとって並べます。

Cimg4917_2

食塩を入れた後、酢も入れていきます。

酢を入れることで良い味が引き出せます。

約1か月後、味も香りも楽しめる葉に変身していることでしょう。

2018年4月25日 (水)

野草を食べる会を行いました

野外研究部の春の最大行事である野草を食べる会を行いました。

この行事は、学校内に生えている野草を集めて、いろいろな料理にしてみんなで食べるものです。

今回のメニューは、てんぷら、ぎょうざ、煮物、みそ汁、桜もちでした。

Cimg4832 煮物には、竹林から採ってきたタケノコ、フキなどを入れました。

だしがよく出ていて、とても良い味となりました。

Cimg4841 野草は基本的にてんぷらにすればほとんどがおいしく食べられます。

今回は、ユキノシタ、タラノメ、ノゲシ、タンポポ、ハハコグサ、ヨモギ、ヤブガラシなど、数多くの種類をてんぷらにしました。

Cimg4854 ぎょうざには、ノビルを入れました。独特の味はぎょうざにはぴったりです。

当日は多くの先生方や、入部希望者、OGの方々も参加してくれました。

みんな学校内の雑草の味に満足していました。

2018年4月16日 (月)

タケノコ掘りをしました

学校には何か所も竹林があります。

そこでは、今年も多くのタケノコが顔を出し始めています。

今が掘り頃、たくさん収穫しました。

Cimg4791

竹林のあちらこちらにタケノコが顔を出していました。Cimg4790 タケノコを掘るには方向があります。

そのようなことを学びながら掘りました。

Cimg4804 全部で30本以上収穫しました。

家に持ち帰り、料理するところまでが部活動です。

2018年4月12日 (木)

野草を食べる会の準備を進めています

今月の21日(土)に野草を食べる会を行います。

野草を食べる会は、主に学校で採れる野草を入部希望者とともに料理して食べるという毎年恒例の行事です。

メニューは、てんぷら、煮物、ぎょうざ、みそ汁、桜もちです。

今日は、てんぷらとぎょうざ用の野草を中心に採りました。

Cimg4126_2 ユキノシタの採集です。

学校の外まで行って採集しました。

Cimg4140_2 ノビルの採集です。

ノビルはぎょうざに入れる予定です。

独特の香りでぎょうざの味を引き立ててくれます。

Cimg4144_2 ヨモギも採りました。

ヨモギ団子を作ることもありますが、今回はてんぷらにする予定です。

Cimg4147_2 たくさんの野草が採れました。

これからの部活動でも続けて採集をします。

Cimg4149_2 ノビルは洗って冷蔵庫に保存します。

Cimg4789_2 最後は、採ってきたばかりのミントを使ってお茶を作りました。

これも野外研究部の活動のひとつです。