2018年2月17日 (土)

豆腐ハンバーグ

Dsc08121203 今日は当番班のリクエストで「豆腐ハンバーグ」と「ガーリックライス」を作りました。

豆腐ハンバーグの付け合わせは人参のグラッセといんげんです。

普段からハンバーグを作り慣れているのか、どの班も上手に作りました。

味も形も完成形をイメージしやすいので、ゴールに向かって迷わず作れるようです。

Dsc08122201 今日の豆腐ハンバーグのレシピではみじん切りした玉ねぎを炒めずに、そのままひき肉などと混ぜています。

炒める手間も省けてとても楽なレシピです。

ぜひ家でも復習してみて下さい!

2018年1月27日 (土)

炊き込みご飯

今日は和食の日で「炊き込みご飯」と」「豚の生姜焼き」を作りました。

炊き込みご飯の具は、鶏肉、ごぼう、にんじん、しいたけです。

Dsc08119_1 普段の部活では、大きなガス釜で全員分をまとめて炊飯するのですが、今回は班ごとに文化鍋でご飯を炊きました。

電気炊飯器と違って微妙な火加減で炊き上げるので、慣れないとなかなか難しいですが、どの班も大きな失敗もなく良くできていました。

写真の炊き込みご飯はあまり色味がきれいではありませんが、素朴な味わいで美味しかったです。

もう少し暖かくなって、たけのこのシーズンになれば、たけのこご飯も良いですよね。

炊き込みご飯はアレンジも無限なので、色々と試してもらいたいです。

次回は洋食メニューの回で豆腐ハンバーグとガーリックライスの予定です。

ぜひお楽しみに!

2018年1月14日 (日)

3学期が始まりました

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、昨日は3学期に入って最初の部活でした。

昨日はお菓子作りの日で、当番班のリクエストで「クレープ」と「ホットケーキ」を作りました。

Dsc08109 今回はホットケーキミックスを使いクレープとホットケーキを作りました。

事前にチョコレートソース、生クリーム、いちご、バナナ、メイプルシロップ、アイスクリームなどを用意し、トッピングは各班の裁量で自由に行いました。

部員は生地を焼くよりもトッピングに夢中だったようです。

とても楽しそうに作っていたのが印象的でした。

Dsc08115

Dsc08114_1

Dsc08106

Dsc08112 普段から感じていることですが、沢山の人たちと協力しながら作って食べるのはとても楽しいですね。

部活をきっかけに、もっともっと料理に関心を持ってもらえると嬉しいです。

Dsc08118 さて、こちらはクリアファイルの写真です。

昨年の夏にハンドメイド部員全員でオレンジページ×味の素主催の『第6回ジュニア料理選手権』にチャレンジしてみました。

残念ながら結果は予選敗退でしたが、参加賞として写真のクリアファイルが部員全員分送られてきました。

来年度の活動方針は新しい部員を迎えてから決めていきますが、ジュニア料理選手権に限らず、何か目標をもって料理することは良いことだと思います。

例えば、料理検定やクッキングコンテスト、外部講師による料理教室など、何か一つでも目標を掲げて活動できればと思います。

今年も地道に着実に活動していきますので、ハンドメイド部をどうぞよろしくお願いします。

2017年11月26日 (日)

マカロニグラタン

昨日はマカロニグラタンとオニオンスープを作りました。

Dsc08093 今回のグラタンの材料は鶏肉と玉ねぎ、マカロニです。

ホワイトソースを手作りしているので、とてもシンプルな材料ですが美味しく出来ました。

Dsc08094 こちらはオニオンスープです。

玉ねぎを薄切りにしてバターであめ色になるまでしっかり炒めました。

そこに水と固形コンソメを加えてスープに仕上げました。

Dsc08095 今回の献立は、部員にとっても馴染み深いもので、完成形のイメージがしやすく、その為とても作りやすかったようです。

グラタンはえびを使ってみたりブロッコリーを加えたり、ミートグラタンにしてみたりと様々なアレンジが出来ます。

ぜひ家でも作ってみて下さい!

2017年11月18日 (土)

ちらし寿司

Dsc08089 今日は久々の部活でした。

ハンドメイド部では白亜祭までの期間は焼き菓子作りを活動の中心に据えていますが、白亜祭が終わると和食、洋食、中華、お菓子作りといった通常の活動に戻します。

今日のテーマは和食で「ちらし寿司」と「お吸い物」を作りました。

写真では少し分かりにくいですが、すし飯の上にまぐろ、錦糸卵、カイワレ大根、刻みのりを盛り付けています。

Dsc08090

Dsc08091どの班も同じレシピ、同じ食材を使って料理しますが、盛り付けなどに班の個性が出て とても興味深いです。

Dsc08092_1 そして、今日は久しぶりにマドレーヌも作ってみました。

プレーンの生地によもぎパウダーを混ぜ込んでよもぎ味にしました。

部員の感想は『ほんのりよもぎの香りがして美味しい』とのことです。

マドレーヌはココアや抹茶、紅茶等、味の変化をつけることができるのでとても楽しいです。

作り方も手軽ですし、ぜひ色々なアレンジをしてみて下さい!

2017年10月 1日 (日)

白亜祭後

白亜祭が終わり、昨日から通常の活動に戻りました。

下の写真は今年の白亜祭用に用意した上白糖の一部なのですが、ご覧の通り、業務レベルの量です。

これらをすべてハンドメイド部員が使い切りました。

これだけの量のお菓子を作るのは長い人生でもそう滅多にないと思います。

しかも自分の作ったお菓子を多くのお客様に食べて頂く機会もそうそうないと思います。

本当に大変な作業でしたが、貴重な体験として、ぜひ自分の糧にして下さい。Dsc03160

ここから3月までは和食、洋食、中華のローテーションで料理メインの活動になります。

部員どうしの親睦を深めながら、調理技術も上達できるように頑張りましょう!

2017年9月19日 (火)

白亜祭

Dsc03161_2ハンドメイド部にとって一大イベントの白亜祭が終わりました。

今年も多くのお客様にマドレーヌを購入して頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ハンドメイド部が作るマドレーヌは、保存料などの食品添加物を一切使わない素朴なものなので、形は悪いですが安心して召し上がって頂ければと思います。

Dsc03162 ハンドメイド部の普段の活動は外から分かりにくいので、白亜祭は多くの方々にハンドメイド部の活動を知って頂く貴重な機会だと思っています。

部員たちにとっても自身で販売することで、買って頂くお客様の顔が見ることができ、今後の活動の励みにもなります。

まだまだ発展途上のハンドメイド部ではありますが、日々精進していきますので、来年の白亜祭もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年9月10日 (日)

計量

白亜祭本番の日が近づいてきました。

ハンドメイド部では毎年焼き菓子販売を行っていますが、今年も昨年と同様にマドレーヌを販売します。

昨日の部活では、本番用の薄力粉約90kg、上白糖約90kg、無塩バター約90kgをすべて計量しました。

計算上は失敗なくすべて焼き上げると約7000個のマドレーヌが出来ます。

1袋に2個ずつ袋詰めして1袋110円で販売します。

長い人生の中でもこれだけ大量のマドレーヌを焼くことはなかなか無いと思います。

どのようにしたら効率良く作業できるのか、どのようにしたら材料の無駄が出ないかなど、作り方以外にも多くのことに頭を使います。

体力的にもとてもハードですが、ハンドメイド部にとって一年で一番大きなイベントなので、絶対に成功させましょう。

2017年7月24日 (月)

ジュニア料理選手権②

Dsc031531 こちらは高1のポットパイチームです。

分かりにくい写真ですが、コーヒーカップを使ってポットパイに仕上げています。

 

Dsc031521 こちらは高2チームです。

ライスコロッケを作りましたが、油で揚げずに焼いて作っているのがポイントです。

料理のコンセプトは『ヘルシー』だそうです。

付け合わせに生ハムや水菜、人参、スプラウトなどが添えられています。

水菜にはバルサミコ酢でオリジナルドレッシングをかけています。

Dsc031511 こちらは『パイナップル』にこだわったチームです。

パイナップル入りの春巻き等々、トロピカルお弁当になっています。

ハンバーグを焼いたり卵焼きを作ったり、手の込んだお弁当です。

ジュニア料理選手権は9月上旬に書類を送付して、審査を待ちます。

もし優秀賞以上の賞に入賞すると、オレンジページに作品を掲載してもらえるそうです。

今回、ハンドメイド部は初めての料理コンテスト挑戦ですが、自分たちでアイデアを出し合い、食材を持ち合ってワイワイ作るのも良いなと思いました。

何よりも部員たちが楽しそうに作っていて、やって良かったと思いました。

ジュニア料理選手権①

昨日のオープンキャンパス終了後、ハンドメイド部は夏休みの部活を行いました。

少しでも料理が上手になりたいとか料理を楽しみたいなど、部活の目的意識を持ってもらうべく、今年はオレンジページ×味の素主催の『第6回ジュニア料理選手権』に挑戦することにしました。

まずは書類審査があり、選考を通過すると、次に実技審査があります。

個人部門とペア・団体部門があるのですが、ハンドメイド部は部員で話し合ってチーム参加することにしました。

昨日はその料理選手権にエントリーするための料理を作りました。

Dsc031581 まずは、変わり餃子三種の写真です。

なんと餃子の皮から手作りです!

皮にカレー粉を練りこんでカレー味の餃子を作ったり、皮にほうれん草を練りこんだり、とても凝った餃子です。

Dsc031571 こちらは市販のパイ生地シートにピザソースや具などをのせて、包み込んで成形して焼きました。

独創的な形です!

Dsc031561こちらは『和』にこだわった高1チームです。

ほうじ茶でご飯を炊き、片栗粉をまぶして油で揚げて、ライスコロッケにしています。

お椀にライスコロッケを盛り付け、さらにとろみをつけた和風だしと三つ葉、うずらの卵を加えています。

残念ながら写真が反射して分かりにくいですが、ライスコロッケが高尾山、うずらの卵がお月様をイメージしているそうです。

若者ならではの柔軟な発想と高度な料理技術に感心させられました!

Dsc031551 こちらは高2チームです。

夏野菜にこだわりトマトを使った料理です。

トマトの中身をくり抜きトマトカップを作りました。

その中にパスタやトマトジュレなどを盛り付けています。

トマトの赤色は食欲をそそります。

本当に上手に作りました!