2017年3月17日 (金)

予餞会

3月15日(水)は予餞会でした。
午前は生徒会によるプログラム、午後はクラブ別の送別会です。
ハンドメイド部では毎年恒例になりましたが、手料理でもてなしました。Dsc03144 今年の予餞会は、オムライス、コンソメスープ、プリンの洋風献立です。Dsc03145 オムライスは普段の部活でも何度か登場していますが、今回は仕上げにデミグラスソースをかけました。
今回のデミグラスソースはブルーベリージャムやしょうゆなどを隠し味として使いました。
ソースを担当した生徒はこれで本当に美味しくなるのか?と少々不安な様子でしたが、いざオムライスにソースをかけてみると、卵によく合って美味しかったです!

Dsc03146分かりにくい写真ですが、これはガラスの耐熱皿に入ったプリンです。
今回は、57人分の食事を用意するため、一度に大量に作れる耐熱皿を選びました。
ちなみに、写真の耐熱皿一枚で約10人分の目安です。
このプリンは、材料が卵、牛乳、砂糖だけです。
当然、添加物も入っておらず、本当にシンプルですが、とても優しい味になりました。

Dsc03143_2 最後に、これは高2の部員が予餞会の前日に集まって、先輩へのプレゼント用に作ったカップケーキです。
きっと卒業生の皆さんに感謝の気持ちが伝わったはず!

3年生の皆さん
ご卒業おめでとうございます。またいつでも部活に顔を出して下さいね!

 

 

2017年2月18日 (土)

ホットケーキ、クッキー

Dsc07803 今日は久々の活動でした。
ハンドメイド部の活動は週替わりのテーマに沿って当番がレシピを選びます。
そして当番が選んだレシピを全員で調理します。
当番になるとレシピを決める権限が与えられるという訳です。
今回は当番の一人が「ホットケーキとクッキーを作りたい!」ということで、レシピはこの二品に決まりました。

Dsc07810 今日は完成したホットケーキに各自の好みでメープルシロップやアイスクリームを添えて試食しました。
ホットケーキミックスを使わず、薄力粉、砂糖、卵、牛乳、サラダ油で作りましたが、どの班も美味しく作れたようです。

Dsc07807

Dsc07808 こちらはクッキーの写真です。
各自が自宅から好きなクッキー型を持ち寄り作りました。
食べるのが勿体ないくらい可愛らしく出来ました。
今回はプレーンの素朴なクッキーでしたが、型抜きをするだけで見た目がワンランクアップします。
作り方もシンプルなので、ぜひ家で復習して下さいね!

2017年1月28日 (土)

餃子 炒飯

Dsc03142ハンドメイド部では和食→洋食→中華→お菓子の順番に当番がメニューを決めていきます。
今日の部活は中華料理の「餃子」と「炒飯」でした。

Dsc03133 今回のメニューはどちらも馴染みのあるメニューだったせいか、どの班もスムーズに調理していました。

Dsc03134 今日は一人5個を目安にみんなで餃子の皮を包みました。

Dsc03139 なかなか綺麗に成形しています。

Dsc03140 上手にお皿にひっくり返せました!

Dsc03137 今回の炒飯は、ラーメン屋さんで食べるようなパラパラの炒飯が食べたいという部員のリクエストでした。
チャーハンの具は、卵、焼豚、長ねぎとシンプルです。
今回のレシピは、まず最初にボールに温かいご飯を入れて、さらに溶き卵を加えます。火にかける前に卵かけご飯のような状態にします。
次にこの卵ご飯をフライパンで炒めます。卵に火が通ってきたら、中華スープの素、焼豚、長ねぎ、オイスターソースを加えていきます。

Dsc03138個人的には普段の作り方と違うので、どんな仕上がりになるのか不安でしたが、どの班も上手に作っていました。

Dsc03141 盛り付けも上手です。部員の反応も上々でした。

次回はパンケーキとクッキーの予定です。次回もがんばりましょう!

 

2017年1月15日 (日)

オムライス

昨日は「洋食」のテーマで、オムライスとコーンスープを作りました。

Dsc03132

12月は部活の活動日が定期考査や自宅学習日などと重なり、活動することができなかったので、昨日は本当に久しぶりの部活でした。センター同日模試を受験するために何人か抜けましたが、それでも出席率は良く、賑やかな雰囲気の活動となりました。

Dsc03130 今回のオムライスはケチャップライスの上に卵をのせるのですが、ケチャップライスの作り方が少し特徴があります。

みじん切りにした玉ねぎ、鶏肉、冷凍ミックスベジタブルを炒めてから、水、ケチャップ、固形コンソメ、砂糖などを加えて煮込みます。

Dsc03131 この写真はまだ汁気が多いのですが、この後しっかり煮込んで水分を飛ばします。

完全に水分が飛んでからご飯を加えて混ぜます。

この作り方のメリットは具にしっかり味がなじむのと、ご飯を加えて混ぜる際にご飯にも味がまわりやすいということです。

オムライス一つとっても様々なレシピがあり、どれが正解というものはありませんので、家庭の状況に合ったレシピを見つけてもらえればと思います。

2016年11月27日 (日)

カレーうどん 続き

昨日の部活では食後のデザートとしてチーズケーキを焼きました。Dsc03128 今回のレシピは誰でも簡単に作れるので、どの班も上手に焼き上げていました。
写真のチーズケーキは土台にマリ-ビスケットを砕いて敷いています。
その上にクリームチーズ、生クリーム、卵、砂糖、薄力粉を混ぜた生地を流しています。

Dsc03124 上の写真は18cmの丸型に生地を流し込んだところです。

Dsc03127 170℃のオーブンで40分焼いた直後の写真です。
顧問も一口味見をしましたが、甘さ控えめでとても食べやすいチーズケーキでした。
ごちそう様でした!

2016年11月26日 (土)

カレーうどん

Dsc03126 今日は和食の日でした。
ハンドメイド部は顧問がメニューを決めるのではなく、その週の当番がメニューを決めます。
今回は当番のリクエストで「カレーうどん」を作りました。
カレー粉ではなく、カレールウを使用したカレーうどんです。
顆粒のあごだしとそばつゆ(ストレートつゆ)を加えているので、しっかりと和風のうどんになりました。Dsc03125           ↑
上の写真は少し分かりにくいですが、水、そばつゆ、顆粒だしを煮立たせてから豚肉、玉ねぎ、長ねぎを加えて煮込んでいるところです。
玉ねぎが柔らかくなったところでカレールウを加え、最後に水溶き片栗粉でとろみを調整しました。
家でも冷蔵庫の残り物野菜を使ったりとアレンジしやすいと思います。ぜひ家でも復習して下さいね。

2016年11月19日 (土)

スイートポテト、プリン

Dsc03112今日は久しぶりのお菓子作りの日でした。
「カスタードプリン」と旬のさつまいもを使った「スイートポテト」を作りました。
また、スイートポテトを作る際に余った卵白でケーキを焼きました。

Dsc03113 どの班も同じ材料、同じ分量、同じレシピで作っているはずですが、毎回仕上がりに班の個性が出ます。

Dsc03117今回のスイートポテトは手で成形したので、大きさや形も様々です。

Dsc03116今日は一度に3種類のお菓子を作ったのでとても大変でしたが、試食の際にはみんなが満足そうに食べていました。
料理もお菓子も回数を重ねるごとに上達します。
ぜひ家でも復習してみて下さいね。

2016年10月 9日 (日)

あんかけ焼きそば

昨日は高校2年生が修学旅行で不在だったので、高校1年生のみの活動でした。001 普段の半分以下の人数だったので、寂しい活動かと思いきや、和気あいあいと楽しい活動になりました。

002_2 昨日はあんかけ焼きそばと中華風卵スープの献立でした。
あんかけ焼きそば揚げ麺を使用するのではなく、焼きそば用の蒸し麺を使い、フライパンで両面を焼き付けて調理しました。
写真の麺はこんがりと上手に焼いています。
ここに「あん」をかけて完成です。

005 

こちらは卵スープです。

003 ふんわりとした卵スープになりました。味付けは鶏がらスープの素と塩、こしょうだけですが、とても美味でした。

004 二品とも上手に出来て良かったですね!

2016年9月25日 (日)

ミートソース

昨日はミートソースとコンソメスープの実習でした。
002ハンドメイド部にとって一大イベントの白亜祭が終わり、ようやく通常の活動に戻りました。
ミートソースは過去に何度か実習したことがある定番料理なのですが、今回のミートソースには椎茸や人参が加えられているのが特徴です。

001_2 メインのひき肉、玉ねぎだけでなく、椎茸や人参を加えることで、うま味もプラスされ、何よりも具の増量にもつながります!
班によって具材の大きさがまちまちでしたが、それも実習ならではですね。
ぜひ、お家でも作ってみて下さい!

2016年9月18日 (日)

またまたマドレーヌ?!

ハンドメイド部にとって一大イベントの白亜祭が終わりました。
本当なら今日から通常の活動に戻るはずでしたが、白亜祭用に準備した製菓材料がまだ少し残っていたので、今日もまたマドレーヌを作りました。

002抹茶などのパウダーは一度開封してしまうと香りも色も飛びやすくなるので、今日は余った抹茶パウダーを贅沢に使い、すべて使い切りました。 

003           ↑ 
写真の通り、白亜祭で販売した抹茶のマドレーヌよりももっと濃い抹茶マドレーヌになりました。
個人的には、これを販売しても良かったかも…と思うぐらい香りの良いマドレーヌです。

004 最後に、毎年恒例の収納ケースを洗う作業の写真です。
かなり分かりにくい写真ですが、白亜祭の際にマドレーヌを詰めたケースを部員が一生懸命洗っています。
この収納ケースは毎年このタイミングでしか使用しないので、次は来年の白亜祭まで倉庫で保管です。
来年もハンドメイド部員にとって満足度の高い焼き菓子販売ができるように日々精進していきましょう!