2018年4月16日 (月)

共立二中高の自然がいっぱい2 (125)

2018年4月16日

学校のあちらこちらで小鳥のさえずりが聞こえてきます。

雑木林の中から見ようと思っても見ることができないホオの花も咲き始めています。

生き物たちの生き生きとした姿を毎日のように見られるこの季節は、人の心も癒してくれます。

自然は不思議な力をいっぱい持っています。

 

Photo

イチリンソウ

雑木林の下では、この花が満開を迎えています。

しかし、花や葉はすぐに姿を消し、来年のこの時期まで休眠をします。

 

Photo_2

ツクシ

もうこの時期になるとツクシも胞子を飛ばして、枯れ始めていきます。

これからは本体であるスギナが勢力を増していきます。

 

Photo_3

タラの芽

植えたものもありますが、自然に生えてきたものもあり、あちらこちらでタラの芽が採集できます。

タラの芽はやはり天ぷらがおいしいでしょうか。

 

Photo_4

ホトケノザとタネツケバナ

どこにでもある雑草ですが、太陽の下でその姿を観察すると一段ときれいに見えます。

ホトケノザの花を採り、吸うと甘い蜜を少しだけ感じることができます。

また、それを吹くとかわいらしい音が鳴り、二度楽しめる花です。

 

Photo_5

スノーフレーク

花言葉は「皆をひきつける魅力」です。

その言葉の通り、この花が咲いているとなぜかそちらに目がいってしまいます。

スズランスイセンやオオマツユキソウと呼ばれることもあります。

 

Photo_6

シキミ

雑木林の中でひっそりと花を咲かせていました。

この植物は有毒と言われ、特に果実に毒成分が多いようです。

 

Photo_7

ヤブレガサ

葉が破れた傘のように見えることからこのように呼ばれています。

まだ出たばかりの芽は食用にもなります。

2018年4月12日 (木)

共立二中高の自然がいっぱい2 (124)

2018年4月12日

毎日の暖かすぎる気候のため、今年の春は忙しくなりました。

サクラの花も種類ごとに咲き出すのではなく、一斉に咲きだしてしまいました。

新入生を迎えてドタバタしている新年度の中、気づけば春の雑草たちも咲きそろっていました。

今回は学校内にあるサクラを紹介します。

 

Photo

ソメイヨシノ

入学式といえばこの花ですね。

このサクラは江戸末期に生まれた種類で、次に紹介するエドヒガンとオオシマザクラの間にできたといわれています。

 

Photo_2

エドヒガン

例年、ソメイヨシノよりやや早めに咲き出します。

花の付け根がソメイヨシノと比べてやや膨らんでいることで見分けがつきます。

 

Photo_3

オオシマザクラ

この葉を塩づけにして桜餅に巻いて食べます。

実もおいしく生徒たちは毎年喜んで食べています。

 

Photo_4

シダレザクラ

学校では一番目立つサクラではないでしょうか。

あちらこちらで存在感を出しています。

枝が下がることで、葉の付き方が他の種類とは違っていきます。

どのように違うかわりますか?

 

Photo_5

ヤエザクラ

ほかのサクラよりやや遅れて咲き出します。

この花も塩づけにすると桜ご飯や桜茶として楽しめます。

 

Photo_6

ウコン

やや黄色い花が咲きます。変わった種類として楽しめます。

 

Photo_7

ギョイコウ

緑色の花が咲くので、珍しがられる種類です。

しかし、花の色は葉の色とほぼ同じなので、咲いていることに気づかない人がたくさんいます。

2018年3月 2日 (金)

共立二中高の自然がいっぱい2 (123)

2018年3月2日

中庭の芝生養成のため、一部に砂をまいたところ、その上にたくさんの足跡が見られました。

生徒たちが帰った後に、これだけたくさんの動物が学校内で生活しているのだということが改めてわかりました。

学校内では今までにタヌキ、キツネ、ハクビシン、アナグマ、イタチ、アライグマ、サルなど多くの動物が観察されています。

 

Photo

タヌキ

指が4本なのが特徴です。

中庭で一番多くみられた足跡です。

 

Photo_2

ハクビシン?

指が5本なのでハクビシンではないかと思われます。

夜に中庭で食べ物を探していたのでしょうか。

 

Photo_3

カラス?

やや大きめの足跡でしたのでカラスのものと思われます。

足跡だけ見ると可愛いですね。

 

Photo_4

フキノトウ

中庭を歩いているとフキノトウがたくさん出ていました。

今年の量は特に多いので写真を撮ってみました。

2018年2月14日 (水)

共立二中高の自然がいっぱい2 (122)

2018年2月14日

今シーズンの冬はとても寒いため、なかなか春が近づいてきてくれません。

しかし、学校の中を歩いてみると、ほんの少しだけ春の気配を感じることができる生き物がいました。

春が早く来て欲しいと願いを込めて、学校の春をちょっとだけ紹介します。

 

Photo

オオイヌノフグリ

春に咲く花はたくさんありますが、この花もその一つ。

まだまだ数は少ないですが、これからいっぱい日差しを浴びて、地面を青く染めてくれることと思います。

Photo_2

フキノトウ

この時期になると毎年、中庭の片隅にたくさん生えてきます。

フキにとっては迷惑な話ですが、天ぷらにするとおいしいです。

Photo_3

ヤマアカガエルの卵

毎年2月上旬に、ビオトープに卵を産みに来るヤマアカガエルですが、今年は雪と寒さのためかやや遅く産卵に来ました。

水温は3℃ほど。まだ氷も張っています。

高校生の発生の授業でも利用できるので、カエルには申し訳ないのですが、使わせてもらっています。

2018年2月 3日 (土)

皆既月食(その2)

_20180131_1

皆既月食が見られた日、20:30過ぎから約1時間の月の様子ですmoon3

写真は2分置きに撮影したものを、比較明合成したものです。

皆既月食の前から観測していた人たちも多かったのでは?

2018年2月 2日 (金)

皆既月食

Img_5819

1/31の夜に見られた皆既月食の写真ですmoon3

時間帯や高度などの条件がよく、多くの方たちも見られたのではないでしょうか。

写真はブログ担当者の一人が撮影したものですcamera

前回の時に比べると、上手く撮られなかったのが残念でしたが、このような天文イベントにはワクワクしてしまいますhappy01

2018年1月27日 (土)

高校1年 物理基礎実験【弦の固有振動】

モノコードを使った実験を行いました。

Img_5903

モノコードとは、ボディに1本の弦が張られただけの簡素な楽器のことです(実験で使用したモノコードは弦が2本張ったタイプです)。 

Img_5898

弦の張り具合と、フレット(弦を抑える板)の位置が、“音の高さ”にどんな影響を与えるのか。実験で確認しました。

さあどうだろう。

Img_5904 

音の高さはチューナーで測定します。

 

この班はチューニングで苦戦している様子。。

 Img_5905

実験を通して”弦の固有振動”について理解が深まったかな?

この範囲が理解できれば、弦楽器の仕組みもわかるようになります。

ギターのテクニックで”ハーモニクス”というものがありますが、あれは倍音を奏でているわけですね!

2018年1月17日 (水)

共立二中高の自然がいっぱい2 (121)

2018年1月17日

1月に入りました。これからが寒さの本番です。

しかし、生き物たちはもうすでに春の準備に入っています。

冬型の気圧配置で、透き通った青空が広がるこの季節に、春を探しに散歩するのもよいものです。

見つけた春および春の準備を紹介します。

 

Photo

ウメ

昨年に引き続き今年も早い開花が見られました。

始業式の前日の1月9日に咲き出しました。

本来日本には存在しなかった花ですが、奈良時代に中国から持ち込まれ、今では日本の花の代表になっています。

 

Photo_2

スイセン

早咲きのものは12月より咲いています。

この植物は一度植えると、ほったらかしにしても毎年花が咲くので、とても便利です。

しかし、毒をもつので他の山菜と間違えて食べないように注意が必要です。

 

Photo_3

カラスノエンドウ

1月に入ってからすくすくと成長し始めました。

暖かくなったら一番に花を咲かせたいのでしょうね。

 

 

Photo_5

ロゼット

ハルジオンやオオアレチノギク、マツヨイグサなどは、この時期にはロゼットと呼ばれる形になっています。

ロゼットとは、バラの花のような模様のことで、地面に広がった葉がその形に似ているのでそのように呼ばれています。

他の植物がいない冬にも光合成をして養分を蓄え、春の準備をしてます。

秋に芽を出して冬を越し、春に成長する越年草にこの形が多く見られます。

2018年1月 6日 (土)

野鳥(イカル)

Photo

校内ではありませんが、ブログ担当者の一人が年末に撮影した野鳥です。

イカルは大きな黄色いくちばしが特徴で、木の実を口の中で回しながら食べます。

撮影時は、硬い木の実をパチパチと大きな音を立てて割って、食べていました。

昔、奈良の斑鳩でたくさん見られことから、その名がついたとか。

2018年1月 4日 (木)

流星群

Img_5740

Img_5740_1

1年の最初を飾る流星群を見たくて、朝4時頃から星空を見上げてみました。

幸いにも数個の流れ星を見ることができました。

観測ついでに写真を撮ってみましたが、星の流れる姿は撮影できず。

しかし、せっかく撮った写真ですのでアップしたいと思います。

(月明かりを避けるために、ベランダから東の空を撮影、星座線は一部のみ)