2021年6月11日 (金)

共立二中高の自然がいっぱい2 (178)

2021年6月11日

梅雨に入るのかと思っていたらなかなか入りませんが、気温と湿度は日に日に上昇してきているので、外に出た後は冷房が必要な時期となりました。

教室の中は冷房が入っていますが、換気のために窓を開けているためか、ほのかに涼しいといったところでしょうか。

 

Photo

モリアオガエル

毎年この時期になると、ビオトープ周辺で鳴き声が聞こえます。

昨年はメスと出会えなかったのか、産卵はありませんでした。

今年はどうでしょうか。木の上に産卵する珍しいカエルです。

 

Photo_2

ムラサキツユクサ

中学生の実験でよく使う植物です。

おしべを顕微鏡で観察したり、葉を使って気孔を観察したりといろいろと使える植物です。

 

Photo_3

ナツメ

春は芽を出さず、初夏になって芽を出し始めるので「ナツメ」と呼ばれます。

花は目立たないので、よく見ないと見落としてしまいそうです。

 

Photo

ムラサキカタバミ

外国から園芸用として入ってきたものが野生化したといわれています。

種子をつけないで根から増えていくようです。

 

Photo_5

ドクダミ

独特のにおいがあるので嫌われることが多い植物ですが、花がいっぱい咲いていると意外ときれいです。

また、若芽をてんぷらにして食べるととてもおいしいことに驚かされます。

 

Photo_6

ウチョウラン

室内で栽培したものですが花盛りを迎えました。

種子はダンボールと一緒にまかないと発芽せず、発芽してから3年ほどしないと花が咲かないなど、手がかかる植物ですが、1か月近く花を楽しませてくれます。

2021年6月 2日 (水)

共立二中高の自然がいっぱい2 (177)

2021年6月2日

そろそろ梅雨に入るころとなりました。

この時期になると、学校内にはホトトギスの鳴き声が聞こえるようになります。

緊急事態宣言が延長されなければ、生徒は体育大会の練習で大忙しになるこの時期ですが、今年は静かな校内でホトトギスの鳴き声だけが響き渡っています。

 

Photo

コモチマンネングサ

道路わきの隙間などで咲いているのが多くみられます。

葉の付け根にむかごがあり、それを利用して増えるようです。

名前の「子持ち」はそこからきているのでしょうか。

 

Photo_2

ヒメフウロ

外国から入ってきた植物の中で、この花も最近よく見かけるようになりました。

花は小さいですが、かわいらしくて愛着がもてる植物です。

 

Photo_3

サンショウの実

この実を食べるとあまりにも強烈な味がして悲鳴をあげたくなりますが、後味がよくまた食べたくなってしまう不思議な実です。

ウナギなどにかける山椒の良い香りが口いっぱいに広がります。

 

Photo_4

フタリシズカ

源義経が愛した静御前とその亡霊が舞う姿に例えられた植物です。

雑木林の暗めの場所に生えることからもそのような印象を与えてくれたのかもしれません。

 

Photo_5

オオシマザクラのサクランボ

このサクラの葉は桜餅の葉となり、実は甘くておいしいので生徒たちにも人気の植物です。

中庭にあるこの木の実はただいま熟していて食べごろです。

 

Photo_6

クワの実

どうぶつ広場にあるこの植物の実もただいま食べごろとなりました。

セイヨウグワのマルベリーです。そのまま食べてもジャムにしてもおいしいと評判です。

生徒たちは自由に食べに来ています。

2021年5月19日 (水)

共立二中高の自然がいっぱい2 (176)

2021年5月19日

梅の実が熟す頃という意味でこの時期を「梅雨」という漢字で書きますが、今年はまだ実が熟す前にこの季節がやってきてしまったようです。

生き物たちにとっては、とても大切で最も成長をすることができる時期となります。

私たちにとっては蒸し暑くあまり好ましい時期ではありませんが、夏を迎える大切な時期なのです。

 

Photo

ヤマボウシ

前庭の円形花壇に植えられているヤマボウシの花が今年やっと元気に咲きました。

第二高校創設時からお世話になった元理事長先生が第二高校50周年を記念して植樹したものですが、花壇の土がよくなかったのでしょうか、今までは小さな花しか咲きませんでした。

今年こそはおいしい実がなって生徒が食べることができるでしょうか。

 

Photo_2

ナガミヒナゲシ

道路わきに咲く外来生物としてよく見る機会があると思います。

春早くから咲いていますが、この時期にもまだ頑張って咲いていました。

 

Photo_3

ニワゼキショウ

前庭や中庭の芝生の中からたくさん顔を出しています。

白い花もあり、また別種のオオニワゼキショウも咲いています。

今年は花がとても小さいものが多くみられます。

 

Photo_4

成長したタケノコ

春に芽を出したタケノコが大きく成長しています。

皮がはがれて緑色をした部分が見えてくるものが「タケ」といい、皮がはがれないものを「ササ」と呼びます。

 

Photo_5

ガマズミ

あまり目立たないところに咲いているので気づかない生徒も多いかもしれませんが、甘酸っぱい赤い実がなるので、場所を覚えておくとよいかもしれませんね。

 

Photo_6

スイカズラ

甘いにおいをかすかに感じさせながら白い花が咲きます。

それがどんどんと黄色の花に変化していき、白色と黄色が混合するようになっていく不思議な花です。

2021年4月26日 (月)

共立二中高の自然がいっぱい2 (175)

2021年4月26日

数週間前、日本中の人が注目していたソメイヨシノは花を落とし、今は普通の木に変身しています。

春の植物の移り変わりはどんどんと進み、毎日変化が見られます。

気温や天気によっても姿が変わり、目を楽しませてくれます。自然は良いものですね。

 

Photo_6

カタバミ

中庭には黄色い花がたくさん咲いています。

その中の一つがこのカタバミです。

遠くから見ると、黄色いじゅうたんを敷き詰めたように見えます。

 

Photo_7

オニタビラコ

あまり注目されない雑草ですが、たくさん咲いていると見違えてしまうほど華やかになります。

葉が地面に張り付いたように広がり(ロゼット)、そこから花は高く伸びる独特な咲き方をします。

 

Photo_8

ヤブレガサ

葉の形が破れた傘のようになっているのでこのように呼ばれます。

雑木林のところどころで群生しています。

 

Photo_9

ホウチャクソウ

雑木林の中には目立たない花がたくさんありますが、この花もその一つです。

花は開かず、ほとんど閉じたまま終わります。

2021年4月21日 (水)

共立二中高の自然がいっぱい2 (174)

2021年4月21日

テレビを見ていても、新聞を読んでいても、SNSを通じても、新型コロナウイルスのことばかりで気持ちがなかなかたかぶることがありませんが、太陽に照らされて生き生きした生き物たちを見ると、少しだけ心がほっとします。

このBlogをみて、少しだけでも癒される人がいればありがたいです。

 

Photo

エビネ

園芸品種としていろいろなものが栽培されています。

写真のエビネも、種子を無菌培養したものを植えたのですが、毎年この時期に花を咲かせてくれます。

 

Photo_2

ジシバリ

地面をしばるように生えることからこのように呼ばれています。

その名の通り、学校のあちらこちらで群生して咲いています。

 

Photo_3

オオジシバリ

ジシバリよりも花が大きいといわれますが、比べてもほとんど変わりません。

ジシバリとは葉の形が異なりますが、生徒のほとんどがタンポポと間違えているようです。

 

Photo_4

シュンラン

雑木林の中にひっそりと咲いていました。

花の色が目立たないので、咲いていてもわからないことがあります。

 

Photo_5

チゴユリ

この花も雑木林の中でひっそりと咲く一つですが、今年は花の咲きだしが早く、また数も多くはありませんでした。

花が多い年は、雑木林の中を踏まないで歩けないくらい一面に咲くこともあります。

2021年4月 9日 (金)

共立二中高の自然がいっぱい2 (173)

2021年4月9日

新入生を迎えて新年度が始まりました。

フレッシュな新入生に負けないくらいに学校内の生き物たちも次々に顔を出してきています。

一日ごとに咲いている花が増えてくるような春はよいものです。

 

Photo

オタジャクシ

2月にビオトープに産卵されたヤマアカガエルのオタマジャクシが大きく育っています。

ビオトープにはこのほかにもヒキガエルのオタマジャクシが泳ぎ回っています。

 

Dsc_0205

キュウリグザ

この花を摘んで揉むとキュウリのようなにおいがするのでこのように呼ばれています。

見落としてしまいそうな小さな花ですが、かわいらしい花を咲かせています。

 

Jpg

スミレ

学校内には何種類ものスミレが咲いています。

スミレの違いを見つけながら散歩するのもよいものです。

 

Photo_2

ヒメリンゴ

10月には実がなり、酸っぱいですが食べることもできます。

園芸用としてつくられた品種なので、自然界には存在しない植物です。

 

Photo_3

キバナオドリコソウ

日陰の一角で群生していました。

外国から園芸用で入ってきたものが野生化したといわれている花です。

 

Photo_4

タケノコ

今年もこの季節が到来しました。

毎年採りきれないほど顔を出しますので、多くの生徒たちが持ち帰って、食卓の一品になっているようです。

 

Jpg_2

マツバウンラン

日なたで群生するととてもきれいな花です。

松の葉のように細い葉と、ウンランのような花が咲くことからこのような名前で呼ばれています。

 

Photo_5

アミガサタケ

日本ではあまり食べることがないキノコですが、フランスでは高級食材のようです。

見た目で判断してはいけません。

食べてみると意外とおいしいです。

2021年3月25日 (木)

共立二中高の自然がいっぱい2 (172)

2021年3月25日

散歩には最適な季節になりました。

日に日に花の種類も増えていき、花の紹介には困ることがない季節です。

花粉は多いですが、散歩をして太陽の日差しを浴びて免疫力を高めて、健康なからだづくりをしてみるのもよいものです。

4月からの理科の授業はまず散歩から始めたいと思います。

 

Photo

ハナモモ

観賞用に品種改良されたもので、食用の実をつけるモモとは区別されます。

ウメの花が終わり、これからサクラとハナモモが見ごろとなります。

 

Photo_2

オランダミミナグサ

どこにでも生えている雑草なので、注目をする人はほとんどいないのではないでしょうか。

葉がネズミの耳に似ているので「耳菜草」と呼びますが、写真はヨーロッパから帰化した種類です。

 

Photo_3

アセビ

庭などに好んで植えられる植物です。

有毒なので動物に食べられることがありません。

 

Photo_4

タラの芽

タラの芽のてんぷらは最高ですが、出てきたタラの芽を何回も取ってしまうと木が枯れてしまいます。

来年の栄養をつけるための葉を残してあげることも大切です。

 

Photo_5

スズメノエンドウ

カラスノエンドウよりも小さく花も目立たないですが、よく見るとどこにでも生えていることがわかります。

小さな花にも注目して観察してみてください。意外ときれいなことに気づかされます。

 

Photo_6

ツクシ

漢字では「土筆」と書きますが、「付子」と書くことがあります。

ツクシはスギナの胞子を飛ばすために出てきたもので、スギナの横に「付く子ども」といった感じでしょうか。

 

Photo_7

スノーフレーク

スズランスイセンとも呼びます。

庭などに植えている人もいると思いますが、学校でも毎年必ず花を咲かせてくれる植物です。

2021年3月16日 (火)

共立二中高の自然がいっぱい2 (171)

2021年3月16日

各地でソメイヨシノの開花が騒がれる季節になりました。

今年は昨年に続き開花が早いようですが、学校ではやっとエドヒガンが咲きだしたところで、その次に咲き出すソメイヨシノはまだのようです。

昨年の春は、新型コロナ感染防止のために休校となり、この「自然がいっぱい」もお届けできませんでしたが、今年はなんとか春の花をお届けできそうです。

花に包まれた学校の春をご覧ください。

 

Photo

フキの花

先月はフキノトウとして紹介しましたが、今は「フキの花」といった感じになりました。

地味な花ですが、たくさん揃うと華やかになります。

 

Photo_5

ハクモクレン

ハクモクレンとコブシは似ていますが、花の向きと花の下の部分に違いがあります。

ハクモクレンのがくは花びらと同色になり区別が難しいですが、それらは上を向きます。

よく観察をしてみると違いがわかっていきます。

 

Photo_2

コブシ

コブシの花の下には小さな葉がついています。

そこもハクモクレンと違うところです。家の近くで咲いてたら、そこにも注目してみてください。

 

Photo_3

ハナニラ

葉のにおいをかぐとニラのようなにおいがすることからこのように呼ばれています。

明治時代に園芸用として入ってきたようですが、今では春の代表的な花になりました。

 

Photo_4

フデリンドウ

4月に入るとこの花で前庭やゴルフ場裏が埋め尽くされます。

よく見て歩かないと踏んでしまうので気を付けなければなりません。

2021年2月16日 (火)

共立二中高の自然がいっぱい2 (170)

2021年2月16日

学校の敷地内には何か所も雑木林があります。

木の葉が少ないこの時期は、雑木林の中に太陽の光が射し込み、夏とはまた違った造形を作り出しています。

この時期のように光があることによって芽が出る植物もあり、雑木林の中は色とりどりです。

そんな雑木林の紹介です。

 

Photo

雑木林

高校では、森林の階層構造を学習します。

夏の雑木林では、背の高い木の葉が光のほとんどを吸収してしまい、地面付近(林床)にはほとんど光が届かなくなります。

また、林床に届く光は遠赤色光になるため、光発芽種子の発芽を抑制してしまいます。

このような教科書に出てくる事柄を、図や写真で見るよりも、学校内で実際に観察できる環境にあることは幸せなことです。

 

Photo_2

竹林

散歩の授業の時に生徒に聞くことがあります。

「この竹林には何本の竹が生えていますか。」生徒は答えに困ります。

中には一本二本と数えている生徒も出てきます。

しかし、答えは「一本」。

竹林のほとんどは、一本の竹からタケノコが生えて増えていき、竹林になっていくといわれています。

春になると、この竹林では毎年タケノコ掘りが行われます。

2021年2月 9日 (火)

共立二中高の自然がいっぱい2 (169)

2021年2月9日

立春も過ぎ、これから春に向かって一歩一歩進んでいく季節になりました。

気づけば、日暮れ時間もだんだんと延びてきています。

学校ではこれから年度末に向けて、卒業式や新入生を迎えるための準備をしていきます。

春はいろいろな花に出会える季節ですが、学校では出会いと別れの季節となります。

 

Photo

フキノトウ

春一番に芽を出すフキノトウです。

天ぷらにして食べるには今の時期が良いのですが、もう少し経って花が咲きだすと華やかになり、目を楽しませてくれるようにます。

 

Photo_2

ノボロギク

春から冬にかけてほぼ一年中花を咲かせています。

寒さのため、まだまだ背丈が低いですが、しっかりとした花を咲かせています。

 

Photo_3

ホトケノザ

こちらも春一番に花を咲かせる植物です。

葉の形が仏様の座布団のようになっていることからこのような名前になったようです。

 

Photo_4

タネツケバナ

春、まだ田植えをする前の田んぼ一面を、白一色にしてしまうように花を咲かせます。

寒さのため小さく、見落としてしまいそうですが、よく見るとあちらこちらで花を咲かせています。

 

Photo_5

ニワトコの芽

漢字では「接骨木」と書きます。

枝を煎じるとあめ状になり、骨折時の湿布として用いたこともあったことからこのような漢字で書かれるようです。

この木は、ハリーポッタのダンブルドア先生が持っていた魔法の杖で有名になりました。

写真のような芽は、天ぷらにするとおいしいのですが、食べ過ぎるとおなかを壊すようです。

 

Photo_6

サンキライ

サルトリイバラの実がまだついていました。

花屋さんでは「サンキライ」としてクリスマスシーズンに売っています。

写真では、カイヅカイブキの木の中から顔を出しているので、新種の植物の実のように見えますね。