2020年3月17日 (火)

修了式・卒業証書授与式・卒業式

昨日は、修了式・中学の卒業証書授与式が行われました。

そして、本日は卒業式です。

昨日高校3年生が受験報告に来てくれましたが、それぞれ頑張ったようです。

頑張ったというのは、すべて第一希望がかなったわけではなく、頑張り方がサッカー部らしいなぁと思いました。

ただ、もっともっと工夫したり、周りの助言をうまく取り入れたり、さらには低学年のときにやるべきことをもっとやっておけば、結果も伴ったかなぁと思うと、顧問として申し訳なさを感じます。

でも、理想を追求し続けるあたり、弱いけど質の高いサッカーを追求していくサッカー部らしい受験をしてくれたなぁと感じます。

現在、大学受験は非常に厳しい時代に入りました。

だからこそ、クラブ活動の意義が私は大きいと思います。

早くから勉強をすることが大学受験の近道とは限りませんし、様々な活動や経験を通して、人間力を育むことも中高時代には大切だと感じています。

最近では探求の授業やアクティブラーニングなどが必要と言われますが、部活動はそれが一気にできます。

サッカーの追求の中で、間違いなく理想と現実のギャップに悩み、答えないの課題に取り組まないといけません。

そこで自分なりに練習を考えたり、日々の生活を工夫したり、学習に取り組んだり。

そのような中で、頑張った高校3年生だったので、受験でも妥協をせずやってくれて、今はそれぞれの進路に自信を持ってくれるといいと思います。

人生いろいろな経験をしていくほうが面白いし、様々な出会いもあるはずです。

中学時代から6年間続けた3人は間違いなく先輩たちの思いを引き継いで頑張ってくれました。

受験真っただ中の2月の入れ替え戦に3人が集まってくれるあたり、面白い学年でした。

中学3年生で反抗期であちこちにぶつかってくる選手、すぐに足がつってしまって入れ替え戦でも足をつって何をしにきたのかわからない選手、相手選手にびびってチャレンジできなかったのに受験では大きな目標にチャレンジしていく選手。

本当にそれぞれの特徴があり、面白い代でした。この代は、前評判は相手のほうが圧勝すると思われていた相手に、こちらが圧勝した最後の代ですかね?!あぁいう経験があると、今後も何かにチャレンジしてくれることでしょう。

今年はこのような形での終了となりましたが、だからこそまた部活に顔を出してくれると信じています。

少ない人数ですが、立派なOGが増えることをうれしく思います。

これからの活躍を期待しています。

楽しい、6年間ありがとうございました。

卒業おめでとうございます。

保護者の皆様ありがとうございました。

2020年3月10日 (火)

活動再開が待ち遠しいですね!

皆様いかがお過ごしでしょうか?

学校は生徒がいないので静かですが、私はサッカーのことと、数学のこと、クラスのことを同時に進められる時間をもらっています。

サッカーのことは、今は海外サッカーたくさん見られる時代なので、そちらを中心に勉強しています。

やはり、面白いサッカーをしている試合は試合時間が早く感じますね。頭も目も疲れます。

同じ国の試合でも様々なスタイルがあり、どれを好むかは選手・監督それぞれ違うのでしょう。

そして、考えることは中高生、それもうちの生徒にはどのようにサッカーを伝えていくのか、そしてどのようにするのが一番良いかということです。

基本を大きく変えるつもりはありませんが、どうしたらサッカーの魅力を最大限ピッチで表現できるのだろうかということを考えます。

そのうえで勝利を目指していくということ。

本当に難しいです。

同じレベルのチームとの対戦なら勝利を目指してからサッカーを考えるほうが選手にとっては楽だと今は思っています!ただ、それだと中身のないサッカーになってしまう可能性があります。

私立学校の部活動という位置づけでのサッカーで大切なことを考えています。

先日もとある番組で面白いテーマがありました。(私立)学校では監督が基本は変わらない。つまりは、部活動としてのサッカーのベースは変わらないということです。

だから、サッカーを選んで高校を選べる。ということでした。

そのとき、うちはどんなことを伝えているかなぁと思いました。

初心者でもサッカーをしっかり追求する人を育てたいというのが私の考えです。それが、サッカー以外でも生かしていってほしい。

このスタンスでたくさんの喜びを感じられる部活動にしていきたいと日に日に強く思います。

そのうえで本当にすごい指導者なら、それなりの結果を出すのでしょう。ですが、私はそこまでいっていないので、サッカーを理解してもらったうえで、勝利の喜びまで追求しないといけないなぁと感じています。

そのために何が必要なのか?考えますが、やはり選手とピッチで練習したり、試合をしたりしないとわからないと感じています。

気づけば、練習に出られる時間が、ほかの仕事の都合でだいぶ減ってしまいました。

今のうちにたくさん仕事を行って、4月からは部活動に行けるように準備をしておこうと思っています。

選手の皆さんも今できること、先を見て今やるべきことをしっかりやっていきましょう。

再開はいつになるかわからないからこそ、いつでも再開できる準備をしておきましょう。

2020年3月 4日 (水)

本来であればテスト中ですが

本来であればテスト中ですが、現在学校は休校です。

当然、クラブ活動も中止となっております。

3月3日を前に、最終登校日であった2月29日にひな人形の片づけをして、それ以降テストも部活も中止です。

各々ができることをしっかりやってもらうしかありません。

この期間は日ごろできないことに集中し、家での役割もしっかり果たしましょう!

日ごろ汚れたウェアなど洗ってもらっていますし、お弁当を作ってもらっていますから、代わりにできる家事などは家にいる間はしっかりやりましょう。

そして、部活動の再開が認められたら、思い切り練習できるように、今はやれることをしっかり考えて、自分のためにも、周りのためにも動いてください。

4月以降にまたグランドで練習できるのを楽しみに頑張りましょう。

2020年2月23日 (日)

試験前最後の練習試合

本日は、日大三高、松原高校に来てもらい、練習試合をしました。

共立は松原と合同で新人戦以来の試合を行いました。

お互いの特徴はわかっているので、選手たちで決めて試合をしてもらいました。

三高はやはり、個人の力が高いので、苦戦しますね。

基本的には主導権が無効が握る中で、ボールを奪えた時にどのような選択肢を持てているかが自分たちの攻撃のリズムをつくるためのポイントにはなります。

強い相手だと、取ってから攻撃の方法を探してしまうので、そうなると相手の守備が勝るため、シュートチャンスを作るのは難しいです。

そのような中でも、ボールをうまく持てたときに前線のスペースへは何度か球を出せたときはうまく作れますね。

さらにチャンスを作るためには、奪った時の攻め方を自分たちでねらいをある程度定めながらも、味方と相手の位置をしっかり把握し、攻撃の糸口を常に探しておくことでしょう。

強いチームに勝つために、それは必要不可欠です。

実は、私の中で強いチームと戦うときには、必ずこれはベンチからの指示でサポートします。

ですが、本当の意味で勝つためには自分たちでその意識を持ち、その準備ができるようにしなければなりません。

共立の練習を見るとゲーム形式ではどうしても、奪ってから攻撃を考え、奪われてから守備をするという流れです。

常に予測をしながら次のプレーを考えられるようにテスト明けからは頑張りましょう。

テスト期間で体がなまらないことを願います!

2020年2月22日 (土)

明日で試験前最後になります。

本日は、早めにグランドに行くことができました。

選手たちの練習を途中からですが、久しぶりにゆっくり見られました。

うまくいきそうだけど、何かが足りない。

その何かをつかむのは相当大変なものです。

明日は、日大三高、松原高校に来てもらい、練習試合を行います。

松原とは久しぶりに合同で試合をやります。

お互いの良さをしっかりと出して、試合に臨んでほしいですね!

頑張りましょう!

2020年2月14日 (金)

新人戦動画が生配信されます!

本日は東京の高校女子の決勝戦の案内です!
 
第20回東京都高等学校女子サッカー新人戦大会
決 勝 令和2年2月16日(日)  10時キックオフ
十文字高等学校 VS 修徳高等学校
駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場
 
東京動画/東京都公式動画チャンネル
9時50分から生配信
 
私は会場で見ることになりますが、会場へ行けない方はぜひ、動画でご覧ください。

2020年2月10日 (月)

入れ替え戦

昨日は入れ替え戦が行われました。

なんと、ケガから一気に4名復活に加え、高3が1名来てくれて10名での試合となりました。

入れ替え戦を辞退しなくてはいけないかもしれないという状況からすると信じられない状態でした。

とはいえ、ケガもそれぞれ回復には時間がかかる、また十分な状態ではない選手もいる中での試合でしたので、練習がほぼできず、いきなり本番で、試合のイメージは苦しいものになることは予想されました。

また、選手たちがイメージしている先発と、私がイメージする先発は異なっていました。

ただ、選手たちが考えていたポジションも考えられるもので、どういうサッカーをやりたいかによっては選択肢となるポジションでした。

また、選手の中でも割れて決めきれないとのことでしたので、最終的には選手たちが考えた2パターンの中から私がどういうサッカーをやりたいか確認したうえで、最終的に決めました。

試合のイメージとしては、前半は相手が主導権を握る中で、自分たちはいいボールの奪い方をして、前線にあててからしっかりとサッカーをつくる、または一気に突破をはかるイメージでした。

前半は予定通りの入りでしたが、途中前線の選手が足をつってしまったので、9人での戦いを強いられました。

ただ、この1年間は7人で戦うこともあったことを考えると、まったく慌てる必要もないと考えていました。

前半の2失点とも、自分たちの弱気、判断の遅れやミスから失点をしてしまいました。

後半はうちがボールを持つことが少しできるかなぁと思っていました。もちろん、相手に裏をとられることは何度もあるでしょうが、お互いの距離感が試合の後半になれば修正できると考えたので、得点も狙えるだろうと。

ボールは前半よりも持てたものの、やはり失点を重ねてしまい、自分たちも徐々に疲れがたまり、フィニッシュの手前でアイデアなくロストしてしまう展開になりました。

結果として前後半2失点ずつ、計4点奪われ敗戦となりました。

この試合一番良かったのは、10人(実際は9人の時間がほとんどですが)で戦えたこと、OGコーチがサポートに来てくれたこと、さらには昨日大学入試を受けてきた高3が仲間の応援にかけつけてきてくれたことがよかったです。

松本監督、さらには松本監督の教え子で現在サッカー女子1級、フットサル国際審判員として活躍しているOGが同じ場所で同じ時間を共有できたことは本当にいい時間でした。

入れ替え戦にならなければ、このような試合ができなかったわけですから、本当に運営の方々には感謝です。

そして、試合内容もところどころ面白い場面、さらには選手が最後まで頑張る姿勢が見れて面白かったです。

おそらく、3部や4部で人数が少ないのにセンターバックがそろって攻撃参加するチームはそんなにはないでしょう!人数が少ないからこその真ん中を突破するサッカー。それも個人技に頼るのではなく、うまく崩す。センターバックが連動して前線の選手と切り崩していく場面はわくわくしました。

結果的にフィニッシュが決まらないので、いいサッカーが少しの時間できても勝てなければ意味がないと考える人もいるのでしょうが、少なくとも日ごろ目指しているサッカーが表現できる時間があったのは個人的には非常によかったです。

私自身は部活動のサッカー指導者として、子供たちに勝つためのサッカーではなく、サッカーを伝えていきたいと考えています。もちろん、その先には勝利を目指してですが、昨日の試合も勝ちにこだわるなら違うポジション・戦術を伝えますが、それは選手たち自身も選んではいませんでした。

リーグ戦では上位にいたいとも思いますが、優先順位は低いです。

サッカーをしっかり学ぶことで、頭も体も心も鍛えられる選手・チームになって、今後につなげてほしいと思います。そして、見ている人がやはり共立のサッカーは面白いし、頑張るねぇと言ってもらえる試合を続けていきたいと思います。

そういう意味では、OGや高3が受験帰りに試合をほぼ見れなくても寄ってくれるあたり選手たちは協力して頑張っているのだなぁと感じます。

これを結果に結びつけるために、また13日から練習を再開します。

今シーズンは選手たち主導で頑張ってもらいました。

入れ替え戦の前から少しずつ私も関わり始めましたが、他の業務、役員として審判のほうの仕事で指導時間が十分確保できず…。悔やむことはありますが、選手たちはしっかりとやってくれました。

改めて運営の先生方には感謝です。

気持ちを切り替えるのではなく、しっかりと今シーズンの結果を受け止めて次なる練習に臨んでほしいところです。

2020年2月 8日 (土)

本日は暖かい中で練習して明日へ備えました

本日は入試準備のため、本来は練習ができませんが、明日が試合のため、練習を行いました。

短い時間でしたので、私が合流できたのも残りわずかなところです。

残りわずかですが、シュートと4:3の練習のところで見た感じでは、選手たちはある程度よ動けていました。

もちろん、すべてうまくいっているわけではないので、気づいたことを今日はなるべく伝えるようにしました。

4:3でも攻守の切り替えや、組み立て、組み立てに対する守備時間がないとはいえ、状況を確認はしました。

同じ局面があるわけではないですが、どのようにポジション・プレーを判断するのか、積み重ねていくこと、また声を出し合い連携していくことでよくなっていくはずです。

明日の試合でも試合の中でどんどん工夫をしていきましょう。

明日は16時キックオフです。

応援の方は防寒対策をお願いします。

2020年2月 7日 (金)

練習になかなか行けず

昨日は入れ替え戦にむけて最後の練習となるところでしたが、私は補習でほぼ出られず、最後に顔だけだしました。

選手たちは積極的にプレーはsているものの、あとは気持ちと声がもう少しあればと欲張ってしまいます。

まぁ今のこの選手たちは声や気持ちはあまり出さずに淡々とプレーするほうが自分たちらしさを持っていていいのかもしれません。

でも、いい試合をしているときには、少なくとも表情から気持ちは伝わってくるので、とりあえずベンチで私が気持ちと声を全面で出して、自分たちは冷静にプレーするのもいいかもしれません。

今日は練習日ではありませんが、本日から練習に合流できる選手のために、臨時の練習を軽めに行います。

日曜日の試合に向けてしっかりと調整していきましょう。

2020年2月 5日 (水)

戸吹グランドにて

昨日は戸吹グランドで八王子と合同ゲームをしました。

八王子さんとごちゃまぜでのゲーム、さらには最後は共立+八王子VS八王子で試合を行いました。

自分たちで考えてゲームをプランしてもらいましたが、何度かやっているのである程度はスムーズにやってくれていました。

でも、ゲームの合間はどうしても学校同士に分かれてしまいますね。

もっと交流できるとお互いの良さがでるかと思います。

共立にとっては人数が少ない中で実戦形式のゲームができることは非常にありがたいです。

また、八王子高校のサッカーを勉強させてもらいながら、何が違うのかを感じるいい機会ですので、入れ替え戦を前にありがたい限りです。

朝一番のグランドで湿っていて最初はトラップミスなども多くありました。

課題は毎回のことながら、基礎技術。

さらには、ポジショニング。

これらをどうやって改善し、さらには70分しっかり続けられるかです。

もう残すところ練習はわずかですが、しっかりと頑張りましょう!