2017年4月23日 (日)

本日の試合結果

インターハイ予選2回戦

松原高校との試合は0-2で敗退しました。

応援ありがとうございました。

保護者の方や、松本監督も来てもらえましたが、日ごろの課題がそのまま出てしまい、結果として敗退しました。

いいサッカーを目指しながら、勝利を目指すというのは簡単ではありません。

次の大会もトーナメントだから、単純に勝ちにこだわってもいいのかもしれません。

いずれにしても、基本技術の低さ、体力不足、スピード不足。

自分たちの最低限のところは上げながら、チームとしてどう戦っていくかを考えなければなりません。

戦う気持ちが100%にならない限りはこのサッカーは厳しそうです。

先輩たちを追い越すチャンスではありましたが、追い越すどころから手前でチャレンジする前に終わった感じがします。

目標と努力がかみ合っていないので、皇后杯に向けてはどのようにやるのか今一度考えたいところです。

正直、ここから頑張ろうという気持ちになれた選手はどれくらいいたでしょうか?

おそらく、これじゃあだめだし、もうむりかなと思う選手も多いでしょう。

明日、オフにするといったら、誰も練習をやりましょうと言える状態ではありませんでした。

まぁまずは体も心もリフレッシュすることが必要ですね!

火曜日の朝、本日の試合のビデオを見るといっていましたが、自分たちだけで見て、いったいどこまで厳しく指摘しあえたり、どこまでサッカーを深く考えることができるのでしょう。

サッカーを日ごろ見ない選手たちが、自分たちのプレーをどのように分析するのでしょう。

もっとサッカーを見ることもやることも大切なように感じます。

当たり前のことですが、ここからどのように頑張るか、どこまで勝負していく気持ちがあるのか、全員考える必要があるようです。

とりあえず、切り替えるというよりは、試行錯誤をし続けるしかなさそうです。

何を考えてもネガティブ状態ですが、こんな状態も楽しみながら頑張りましょう!

高校3年生はこれで引退ではなくてよかったと考えましょう!

とにかく、けが人がこれ以上でないことを願います。

では、明日からまた頑張りましょう!

本日インターハイ予選2回戦

本日はインターハイ予選2回戦です。

少なくとも最後の一人でも頑張る選手がいる限り、選手を信じて、成長してくれると信じて、見守りたいと思います。

先週は出張も多く、練習を見れたのは少しだけ。

先週の試合内容も含めて、自分たちで頑張りなさいと言ったものの、口をはさんだ昨日の練習。

わかっているだけに、指摘すればできる。ですが、言われなければトライしない選手たち…。トライする気持ちがある人も、気づけばそちらの雰囲気になり、やるべき練習内容を意識できず…。

私も葛藤ですが、モチベーションをあげるのも顧問の大切な仕事ですが、目標がずれている選手たちの間で、勝つことの喜び、勝つための試行錯誤の大切さ、それを実感するのは難しいのかもしれません。

だからこそ、選手自身でどこまでできるのかを見届けたいと思います。

さて、結果はいかに?!

2017年4月22日 (土)

インターハイ予選2回戦

何度も記事を書き、最後までかけず、更新しておりませんでした。

1回戦の結果0-1で勝利し、2回戦に進めました。

しかし、内容を求めていただけに、それがなかった勝利は、自分たちの甘さを痛感しました。

勝てたので、本来ならもっと学んでほしい部分、向き合ってほしい部分とまだまだ向き合えてません。

結局、試合後に次の試合は自分たちでやりなさいと言いながらも、今日の練習ではいろいろと指示を出してしまいました。

明日の試合はどのような結果になるかではなく、選手がどのように戦うのかを見たいです。

本当に立ち向かおう、自分の課題を見つめて乗り越えようという強い意志が感じられない選手が多く、残念です。

結局は選手たちのモチベーションに差が激しいことが原因なのです。

今までは高い選手たちに合わせていれば、下の選手たちが自然と上がってきたのですが…、上がってきません。

したがって、今回はGWは試合がまけたら練習はしないことに決めました。

負けたら練習をしなくてもいいという選手があまりにもいる状態で、練習をしても効果的ではありません。

勉強の心配をしている生徒もおりますが、だからこそ、GWはサッカーに勉強というスタンスで毎年来ていたのですが、残念です。

まずは明日の試合で、結果ではなく、中身をしっかりと考えてトライしてほしいです。

それなりの練習しかしていないから、試合で負けてもなんとも思えないのでしょう。

言い訳をしないのではなく、言い訳をできる状態を自分たちで作りながら試合に臨むことがないようにしたいものです。

2017年4月16日 (日)

本日より開幕!

本日よりインターハイ予選が開幕します。

ここまでやってきたことを出してほしいとおもいます。

ただ、これがゴールではないので、今日に照準は合わすのではなく、自分たちのサッカーを目指す通過点としてやっていきたいです。

どんな試合になるか楽しみです。

2017年4月 9日 (日)

本日の練習試合

本日は日大三高さん、国分寺さん、王子総合さん、品川エトワールさんに来ていただき、練習試合でした。

共立は朝の準備が異常に遅く、いつからこんなムードになったのか…。

そして、その気持ちのなさが試合で出てしまいました。

ミスして止まる、取られても必死に取り返す気持ちがない…。

せっかくパスの精度を上げて、ボールを失わずに前線に運ぶ練習をしてきて、より一層気持ちも技術もあげなければならないのに…。

ただ、少しずつなぜきちんとしたパス回しをして、どうやって前線に運ぶのかを選手たちが少し感じた試合でもあり、その反省を踏まえて、試合後に次の試合でのポイントを確認しました。

要は、パスをつなぐときに、どこにつなぐのがベストで、前線の相手のいやなところを狙うタイミングを探り、タイミングがあったら、早くボールを前線に運ぶということが、わかったようです。それも長いボールを使うのではなく、足下でつなぎ、はやく崩すということ。

パスサッカーというとロングボールを蹴らないではなく、確実に通せるところを探し、さらにはもらう側もそれを作るということです。

そうすれば、選手たち自身の位置関係をしっかり把握して、相手からとられないところを選んでつないでいくことができます。

その際に、ロングボールを出すのが苦手な選手でも、相手からずれているので、いい態勢のときであれば、前線にボールが供給できます。

だから、受け手と出し手がしっかりと常に動き、考え、正確な技術でつないでいく。

目指すところを感じつつあるので、さらに次の試合でもそれを追及していきました。

グランドコンディションの問題などもありますが、共立はグランドがぬかるんでもつなぐところはしっかりつなげ、展開する場面も見え始めました。

これを続けていけば、よりよくなるはずです。が、シュートが…。

もっと練習しなければなりません。

やりたい練習がたくさんありすぎて…。

あと1週間ですが、シュート、パスなどの基本を徹底して、判断を正確に速く!その中で目指すサッカーをやっていきましょう。

インターハイ予選は4月16日おそらく11時15分キックオフです。

応援よろしくお願いします。

本日は悪天候のなか、各校の選手・スタッフのみなさんありがとうございました。

練習試合をたくさんやりました。

4月1,2,3日と練習試合をしました。

1日は長野から来ていただいたチームと日大三とやりました。

2日は4校リーグと長野県のチームと、3日は若葉総合と八王子とやりました。

いろいろなチームと練習試合をする中で、うちのチームに一番かけているのは、絶対に勝つという気持ちをもってプレーしていないこと。

失敗を恐れていること。

まぁ失敗を恐れている=私の責任。

ですが、選手たちは一歩レベルアップしたパス回しをよくトライしてくれています。

もちろん、そのせいで失敗も多く、失点よくあるのですが、プロのチームでも改革をするときには時間がかかり、さらにミスも多くあり、リーグ戦全体で修正していっています。

教育的部活動の側面を考えたときに、やはりリーグ戦の存在は大きいですね。

ただ、目の前に迫っているのはインターハイ予選と皇后杯予選。

トーナメントなだけに、勝つことも求められます。いまの段階では非常に苦しい選択ですが、選手たちがやろうと目指していることを一緒に練習で厳しくやっていきます。

理想形を目指しながら、勝利を追及したいものです。

そのために選手たちの今めざしているものがどのように試合で表れるか楽しみです。

本日も4チームが来ていただき、みんなで練習試合です。

奇跡的にインターハイ予選がなんとまったく当たらないので、気楽にできます。

たのしみですね。

2017年3月31日 (金)

練習と練習試合

春休みに入り、練習メニューをひたすら新しいことに費やし、今までのパスを一段階上にしようとしています。

パスを単純につなぐだけではなく、失わないようにする。

ただ、どうしてもやろうとしていることが、レベルが高いので、試合ではまだまだうまくはいきません。そして、頭で考えることが増えているせいで、今までできていたことも

ですが、場面場面ではうまくいくところも見え始め、辛抱強くやっていきたいと思います。

忍耐力が必要なものですね。体力も忍耐力も足りない、選手と私…、お互い辛抱強く頑張りましょう。

選手達は焦りもあるのかもしれませんが、失敗の中で成長していくしかありません。

また、今までのやり方でやれば得点を奪うことも可能であることは明白です。

単純に勝つだけを目的にするのであれば、今までのサッカーでいいのでしょうが、ここにきて新たな一歩を踏み出そうとするのは、やはり新高校3年生がもう一段階自分たちで上のレベルを目指し、努力してチャレンジすることを願うからです。

一つでも多く勝つことを目標には持っていますが、それが目的になってしまったら、うちのようにサッカーというスポーツを部活動という位置づけでやっていくチームには、結果だけ良ければよいとなってしまいます。

今までのサッカー部の先輩達は、自分たちなりのサッカースタイルを考えてやって、その中で結果を出していくことを目指していました。

今回も、ある程度の型は昨年までにできており、入れ替え戦でもつないで崩していくサッカーができるようになりました。ただ、得点にいたるまで、相手にボールを失ったり、無理矢理戦わなければならない局面を作ることが少なくなかったです。そして、そこからの失点が多くありました。

だからこそ、あえてパス回しの中でももう一段階あげてもらえるように練習を始めました。

本当にうまくはいきません。

もしかしたら、完成しないまま引退をするかもしれません。ですが、今回これを取り入れることで、後輩達も含めて、もう一段階上のレベルを目指せるということも見えてくるはずです。

型ができて、それをそのまま継続し、維持することが目標になったら、そこから衰退するだけです。

上のレベルを求めて初めて現状維持。そんなつもりでやっていくしかありません。

ひたすら結果は伴わなくともやり続けましょう。

練習試合もわざわざ学校にきてもらい、やってもらっていますが、けが人続出、体力不足により、相手になりませんでした。

でも、快く試合にきてもらえるチームに本当に感謝です。

明日からも3日間練習試合が続きます。

自分たちの型が再度構築できるか、もう一度やっていきましょう。

2017年3月21日 (火)

予餞会~卒業式~練習試合と大会参加

16日に高校3年生を送る会、予餞会が行われました。

午前は各クラブや団体が3年生へのメッセージを送りました。

サッカー部は相変わらず伝統を重んじて、手をつないで歌を歌っていました…。

古き良き伝統を守ることは大切ですが、新しいことへのチャレンジも忘れずに!

17日には卒業式でした。高校3年生の4名は無事に旅立っていきました!みなさん卒業おめでとうございます。

18日(土)日体桜華さんと練習試合を行いました。

コテンパにやられました。やろうとしていることへの意識が見えたので、今までやっていたこともできなくなってはいましたが、ステップアップのためには必要な通過点です。

せまいグランドでも、やれるように頑張って続けましょう

19日は4校リーグで、日大三高さんと!リーグ戦では1-1の引き分け。18日に引き続き、やるべきことの意識を持ちながら、やってもらいました。

今のやり方はミスをすると簡単にショートカウンターを受けます。失点に直結します。ですが、そうすることで、自分たちが優位に試合を進め、得点を増やすという狙いもあります。

インターハイ予選、皇后杯予選までに間に合うかはわかりませんが、頑張りましょう。

結果は5-5…。甲子園の前座試合のようなスコアに…。

でも、おもしろい試合でした。ポジションも色々変えてみて、新しいチャレンジもできそうです。

20日はゼルビアの大会に参加させてもらいました。

八王子中学の生徒を一人借りて、共立は他クラブから2名を借りて、中学で9人をそろえたのに、気づけば一人不参加、そして、一人怪我…。

8人制の大会に7人で挑みました。

八王子の生徒の活躍もあって、試合は楽しめました。

ただ、得失点1点で大きく変わることを痛感しました。あの失点がなければ…、あそこで決めていれば!

それだけで結果は変わります。

ただ、大会といえども、楽しみながらもないようにこだわりたかったので、とりあえず前に蹴ってサッカーをするということはなかったので、工夫して頑張れたと思います。体力的には厳しかったと思いますが、場面場面でよく頑張ってくれました。

本日は高校生が軽く練習をします。

明日からはスプリングゼミなので、午後練習です。

次の練習試合に向けてしっかり準備しましょう。

ステップアップした共立サッカーができるよう、頑張りましょう。

人数が少ない中で、レギュラー争いは激化するかもしれません!

2017年3月17日 (金)

OGによる、英語のワークショップ!

3月13日、OG会の翌日に、サッカー女子1級審判員の宮崎真理さんによるワークショップが行われました。

松本監督から審判を薦められ、大学に行っても審判を続け、女子1級審判員になった宮崎先輩によるワークショップでした。

テーマは『Removing Limiting Beliefs』

Dscf9153

自分の中で限界を決めている!それをどうやってなくして、自分の目標にチャレンジしていくかというお話でした。

また、自らの高校生活~大学生活~社会人生活の話もしてくださり、具体的でわかりやすいお話で、生徒もわかりやすかったでしょう。

Dscf9152ワークショップの約束事!というか、これ日々実践したいものです。

Dscf9155除去の仕方をグループワークで話し、発表したりしていました!

ただ、グループによっては最終結論が…とりあえず頑張ろう…。いきなり具体的には無理でも、こうやってモチベーションが上がることもいいことかもしれません。

Dscf9156最後にみんなで撮影!

1級審判員のワッペンつけていますが…、ワッペンつけるの左胸です!まだまだ修行が足りませんね!

笑顔でレッドカード出されたら…。まぁ笑顔で退場するしかないですかね?!

偉大な先輩に続くために、みなさんも頑張りましょう!

2017年3月14日 (火)

OG会

3月12に、共立女子第二中学校高等学校の30周年記念OG会を開催いたしました。

当日は約60名ほど来て頂き、午前中はミニゲーム、ゲームをやり、午後はランチルームで懇親会を行いました。

Dscf9069

Dscf9074はじめは小さいゲーム!

Dscf9080フルコートでゲーム!お子様も一緒にやってくれました!

Dscf9090午後は遠山先生の乾杯から懇親会のスタート!

20170312_115624_268私の行きつけの西八王子のケーキ屋さん(「Tomirie」さん)にお願いをして、ケーキも用意しました!その他、ピザと中華!次回はもう少し、女性のためにお菓子とか用意します!完全に男子の発想でした笑!

Dscf9096先生方にはすぐに行列!先生方も楽しい時間を過ごしたようです。

Dscf9103池田先生からも一言頂戴しました。お嬢様は共立にお任せ下さい!

Dscf9106ACミランの服を着た、榎本先生!試合の引率にいった世代はわかったのでしょうか?

Dscf9112この日、一番の盛り上がりはOG、初代部長さんからのお話でした!

Dscf9114最後は松本先生からで会は終了しました。

Dscf9118最後はみなさんで!このあと、校内見学もしました!

それにしても、お忙しい中お集まり頂き、本当にありがとうございました。

サッカー部ができたときのお話。OGの方が鮮明におぼえていらっしゃって、当時の生徒の様子がうかがえました。今以上に熱い生徒達が多かったのでしょうか。

サッカー部の発足は賛成10、反対9という中で、発足しました。部長会も今以上に熱かったようです!

本当に今共立でサッカーがやれることはOGの方達、先生方の思い、そういう中でできていると言うことを認識しました。

先輩達は他クラブから色々言われぬよう、ボールを隠してグランドに行き、当時はハンドボール部の活動がない金曜日だけ練習していたそうです。

それに比べれば今はありがたい環境です!

現役の生徒達はOGの方達の様子、話を聞いて、本当に刺激を受けました。

次回は5年後に軽めのをやりますかね?!10年ごとには盛大に!

そして、毎年この時期にOGや保護者・関係者でゲームだけやりましょうかね?!

OGの方が「私たちの時代にはLINEなどなかったので、こうやって集まれてよかったです」と声を掛けて下さいました。

年賀状などでつながってはいたものの、なかなか会えない日々が続いている方も多いようですね。また、35周年、40周年のときにはお集まり下さい。

そして、携帯・スマホで簡単につながっているかのような錯覚ではなく、本当に数年に1回でも、もしかしたら数十年に1回しか会えなくなっても、本当の意味でのつながりを感じられる部活動にしていきましょう。

簡単に連絡が取れる時代だからこそ、本当の意味で向き合える仲間が世代を超えて作れるといいなぁと思います。

考えてみれば、私も昔の仲間とは普段は連絡はとりません。毎年同じ時期になったり、何かのイベントの時にしか会いませんが、それでいいのかもしれません。昔は同じ目標に向かって切磋琢磨した仲間だからこそ、電波でつながる必要はないのでしょう。今お互いの目標に向けて努力しているのだから、いちいち連絡取らなくてもいいのかもしれません。

最近の子ども達は24時間つながっているという新聞記事も目にしましたが、サッカー部はそのような感覚ではなく、グランドで向き合える仲間になりましょう。

そして、OGの方達のように、グランドで再び会える関係を築いていきましょう!

本当にOGの方々ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします!